FC2ブログ

ボニーエンクライド(韓国)を観てきました

去年も観たので今年はいいかな?とも思ったのですが、そーいえばオム・ギジュンでは観てなかったと思い直し、1回だけ観てきました。

ugc8L8JO3OT.jpg




クライド:オム・ギジュン
ボニー:ガヒ
バック:キム・ボムレ
テッド:ソン・ジュノ


オム・ギジュンのクライドは・・・想像していた通り、あまり悪党っぽさがなく、チャーミングでした。背景はともあれ犯罪者なわけですから、それをヒーローかアイドルスターのように描くのはいかがなものか?と堅物の私などは思ってしまうのですが、まぁ娯楽作品ですからねー、それはそれで有りかと^^;
三銃士のダルタニャンとか、ジャックザリッパーの(狂う前の)ダニエルとか、あのあたりでギジュンさんに落ちた方にはたまらないクライドだったと思いますよ。

ugcRR0E76MX.jpg

ガヒは、かなり歌えていたのでびっくり。アフタースクールで歌手デビューしたばかりの頃は、高音が全然出ていなくてこりゃ歌手活動は長く続かないなー(←ゴメン)などと思っていたのですが、全然OKでした。すごい練習したんだろうね。でも正直、ボニーのイメージではないかと・・・。ダブルキャストのオ・ソヨンさんも、あまりボニーのイメージではない・・・。二人ともセクシー系の美人さんなので。ボニーってファニーフェィス系のほうが合うと思っていたので、ちょっと違うかな、と思いました。まぁ、いいけど(笑)。

ugcBG7H299U.jpg


今回のお兄ちゃんはなんとキム・ボムレ!すっげー恰好好いバックでした。

ugcD5NKUOCK.jpg

これはナイスキャスティングです。去年のボニクラではボムレさん、警官のテッド役だったんです。広報写真のテッドはなかなか迫力あっていい感じで、ボニーめぐってクライドと対決するのかしら~んとめちゃ期待したのですが、テッドってちょっと小心者だから、ぜーんぜんボムレさんのあの重低音が生かされていなくってすごく残念だったのでした。ところが今年はお兄ちゃんのバック役! 実は去年のお兄ちゃんたちは私的にはちょっとがっかりだったのです。
陽気なお調子者、な感じのお兄ちゃんその①、とか
ugcL0ERLILO.jpg
気は優しいんだけど臆病者、な感じのお兄ちゃんその②だったもので・・・
ugcYRGCZR9P.jpg
正直、お兄ちゃんが弟クライドをサポートしてあげているのは分かるんだけど、クライドがお兄ちゃんを頼りに思っているのが正直理解できなかったんですね。クライドほどの胆力があれば、あのお兄ちゃんたちの力など必要ないような気がして・・・。

でも今回のお兄ちゃんはボムレさんだったので、クライドから見ても恰好いいお兄ちゃんになってましたから、あの兄弟が仲がいいのは当然!と思えました。今回は本当にナイスなキャスティングでした。

警官テッドのソン・ジュノさんもとてもよく似合っていましたよ。

ugcBMS0FTJV.jpg

ソン・ジュノさん、超イケメンなんだけどパンチが無い(←ゴメン)ので、このくらいのキャラがいいのかもねー。


私は結局見れなかったのですが、今回新たにクライド役に抜擢されたエノクさんも今後要注目かと思われます。最近悪役で大活躍中なんだよねー。

ugcYO1BRAZ8.jpg

レベッカ、スカピン、カルメン等、いろいろな作品に助演として出ていて、主演は今回のクライドが初めてだと思うのですが、結構評判もいいみたいで・・・。今後の活躍をお祈りいたします^^

でも実は私は苦手なの。アルターボーイズの頃から見ているだけど、当時は見た目重視の役ばっかりだったのね。で、なんとなく私の印象も「見た目だけで勝負している薄っぺらい役者さん」(←マジすみませんっ(汗))だったの。もちろん最近の活躍は知っているし、力も相当つけてきているんだけど、でも第一印象って恐ろしいわね、消えないんだわー。だから今回もエノクさんのクライドを是非見よう!という気にはなれませんでした。ま、日程的に無理だった、という理由のほうが大きかったんだけれども。エノクペンの方々には本当に申し訳ないです~。でも力がついてきたってことは事実なんで、今後は食わず嫌いせず積極的に観て行こうと思っておりますです、ハイ^^;


去年のボニクラとの違いは・・・

● 曲が2つ、追加になった(らしい)

警官たちの「ボニー&クライド狩り」という曲が追加になったことは観ていてわかりました。シーンとしてはあったとおもうのですが、去年は警官たちが右往左往していただけだったような。今年は彼らも歌っていました。あともう1曲、クライドの歌が追加になっていたらしいのですが・・・すみません、見落としました。

● クライドが客席で盗みを働いた

もしかしたらギジュンさんバージョンだけかもしれませんが、今年のクライドは客席に降りてきて、お客さんから金目のものを奪います(笑)。私が観た日はゴールドの指輪を奪っていきました^^;

● バックの登場方法が変わった

バックとクライドが脱獄した後です。バックは奥さんのブランチがやっている美容院を訪ねていくんですが、去年は普通に入り口から入って、すぐ警官たちが来ちゃったのでお客の振りしてパーマ席に座って雑誌で顔を隠していたんですが、今回は最初からパーマ席に座っていて、警官たちが立ち去ったあとに雑誌で覆っていた顔をあらわにし、あの重低音で「わはははは」とご登場遊ばされていました。スピーディな展開になって、こちらのほうがよかったと思いますよ^^

● ボニーの衣装が少し変わった

表面的にはほとんど一緒ですが・・・。変わったのは、下着です^^ この作品は当時の風俗もしっかり再現しているので、下着も前回は当時の様式だったんです。だから結構肌を覆うタイプだったし、ショーツもへそ上まであるような、ちょっと野暮ったいタイプの下着だったんですが、今回は現代風になっていましたね。だから・・・

ugcT3SQQ47W.jpg

この衣装で♪춤을 출까요?を披露するとき、ボニーは洋服を半分くらい脱いで、その野暮ったい下着を見せていたんですが、今回の下着はかなり現代風なので(露出が激しすぎるので)、ガヒさんはあまり服を脱いでいませんでしたね。

● エドが・・・

エドというのは囚人仲間です。クライドが一人で監獄に戻されたとき、嫌がらせしてきてたのがエド。去年のエドは超マッチョ&坊主頭なエドだったので全裸のシャワーシーンがあったんですよ。そこをクライドが棒で滅多打ちにするんです。でも今回のエドは、変態チックな髭おやじだったので、シャワーシーンは無し、滅多打ちも直に見せるのではなく、影絵で表現されていました。やっぱねー、変態おやじのシャワーシーンは需要ないよね(爆)。


と、まぁ、変化はこのくらい、かな。観劇してからもう一か月近く経ってしまっているので、メモも取っていなかったので大分忘れてしまいました。すみませ~ん。





去年は、ハン・ジサンさんで観ました^^。こんな感じです。

ugc3IJD5FYK.jpg

ねー、オム・ギジュンさんと比べて、かなり悪党っぽいでしょ?(笑)。

ugcOA71JNTY.jpg
ugcZDR8ILTL.jpg
ugcK6GOCN7J.jpg

チャーミングさ、はギジュンさんのほうが上ですね。というか、私が観たのは公開してすぐのチサンさんだったので、まだクライドを自分のものにし切れていない様子だったのでした。チサンさんも、もし弾けたらすごい魅力的なクライドだったことと思われます^^





ugc328EW947.jpg

When I Drive


ボニクラインタビュー


オム・ギジュン氏:僕の名前はクライド・ベロウ。年は、信じられないでしょうが、21歳!はっはっはー(爆)。 ←めちゃ笑える~~~。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment