FC2ブログ

「スウェグエイジ」を観てきました♪(ジュン、キム・スハ、チェ・ミンチョル、イ・ギョンス)

19006557_p.gif

●7月18日(木) マチネ

IMG_20190718_143155.jpg
ダン:ジュン
ジン:キム・スハ
ホン・グク:チェ・ミンチョル
シプチュ&ジャモ:イ・ギョンス
ホロセ:チャン・ジェウン
キソン:チョン・ソンギ
スンス:チョン・アヨン
王様:チュ・ミヌ
チョノ:イ・ドンス
オム氏:キム・スンヨン

          

予想以上に楽しかった~~!

そして、漢字語類推能力をめっちゃ試されます(笑^^;)

でもね!

意味は二の次で、言葉の音の響きを楽しめばいいと思う~~。

おーえーお♪

耳に残るナンバー満載でした。歌いながら帰国しました。OST欲しい^^


【あらすじ(インターパークより)】

「時調(シジョ)」が国家理念である想像の中の「朝鮮」。
疲労と逆境を時調の中に込めて憂さ晴らしをしていた人々は、ある陰謀事件により時調の活動が禁止され、自由も幸福も忘れたまま生きていた。
そんな折、15年ぶりに誰もが参加できる朝鮮時調大会が開かれることになった。仮面で正体を隠し、両班たちの不正を暴いて幸せな世の中を作ろうと組織された秘密時調団「骨彬党(コルビンダン)」は、これを機に朝鮮に新しい風を呼び起こそうとする。
一方、王にかわる権力者であり時調大判書であるホン・グクは、自分に対する悪いうわさを言いふらしながら歩き回っているという理由を聞き、骨彬党を捕らえようと陰謀を企むが…




■単語は・・・少々難しいかも^^

この話はフィクションなので、作品に出てくる固有名詞はこの作品専用の造語なのです。
だから、馴染みが無いので、少々難しい・・・^^;

事前にチェックしておくと、理解の助けになると思います。
まず、以下の二つだけでも、知ってから観るのがお薦め!


コルビンダン(骨彬党、골빙당)
政権に隠れて、人々に時調(シジョ)の楽しさを伝える秘密結社の名前です^^

※ 「骨を残す覚悟で活動し、その骨から光が発せられるであろう」という意味


スエグ(寿愛口、수애구)
全国時調大会に出場するときの、コルビンダンの別名です。
(お尋ね者のコルビンダンの名前で出場するわけにはいかないですもんね^^)

※ 「命を懸けて愛を叫ぶ」という意味^^


更に。。。
この作品のタイトルを英語で書くと、<SWAG AGE>。
SWAGは、韓国語読みではスウェグとなります。
(SWAGは、ヒップホップの世界でよく使われている言葉とのこと。イケているという意味らしいです。)

そのため、このSWAG(スウェグ)に引っ掛けて、歌詞の中には수액(スエグ、樹液)という単語も出てきます。 
木の幹を流れる樹液に例えて、脈々と受け継がれる人々のパワーを表していて、조선수액(チョソンスエグ、朝鮮樹液)という単語で使われています^^




固有名詞以外の難しい言葉は。。。

ナンバーにヒップホップとラップが多く使われているので、歌詞の中には同音異義語や韻を踏んだ単語が満載です^^
例えば、歩みという意味の걸음(コルム)には、同じ音の거름(コルム、たい肥)を掛けていたりします。 

韻を踏んでいる例としては、このようなのがありました。

ふーれーじゃーしク むーいーどーしク ねがぱろ ちょそねそ じぇいる しクしク
후레자 무위도 내가 바로 조선에서 제일 씩씩
(無作法者 無為徒食 俺が朝鮮で一番勇ましい)

これ()は、ダンが登場してすぐの歌だったと思います。

「無為徒食(무위도식、ムイドシク)」なんて・・・!
私がこの単語にお目にかかるのは、今回が2度目だよーー^^
(1度目はフランス映画の字幕で見ました^^)


・・・と、難しさは少々あるのですが、あまり気にしなくても大丈夫。
言葉の音の楽しさを味わえばよいと思います~~^^



■もう少し詳細なあらすじ

15年前、時調の大会が開かれ、そこでホン・グクを破って優勝したのがジャモ(=ダンの父)でした。
時調大判書(架空の役職^^)の地位を王から与えられたジャモ・・・ですが、ホン・グクの陰謀によって国王暗殺の汚名を着せられ、処刑されてしまいます。
以降、平民が時調を楽しむことが禁止されてしまいました。。。

その15年後(つまり、この作品における現在)。

時調が禁じられましたが、そのような中にも自由と幸せ、夢を抱いて生きている人々は残っていました。
その者たちが集まって作った組織が「コルビンダン」。こっそりと時調を詠じて、民の心を癒しつつ、自由を抑圧する国家に対峙していました。

先王はすでに亡くなっており(殺害したのはなんとホン・グク!)、若き王が国を治めています。
(実権を握っているのはホン・グクです。)
ホン・グクは、自分に対する悪いうわさを言いふらしているという理由で、時調活動を一層強く弾圧しています。

一方、孤児として育ったダン。
ある日、自分の筆を探すためにコルビンダンの隠れ家にやってきました。そこで、コルビンダンのリーダーであるシプチョと出会うのですが、シプチョはかつてジャモ(ダンの父)と共に時調活動をしていたメンバーでした。シプチョから、実の父親のことを聞かされてショックをうけるダン。。。

ダンは、ジンたちと共にコルビンダンのメンバーとして活動をすることになります。
より楽しい時調を! 「両班ごっこ」という歌が都で大ヒットします^^

おーえーお♪

その歌が国王の耳に入り、人々が願いかつ誰もが参加できる朝鮮時調大会が開かれるようになります。
ダンたちは、人々の苦しい暮らしを国王の前で訴えることが出来る好機と思い、大会への出場を決意します。

コルビンダンを捕えようとするホン・グク。

ジンは、ホン・グクの娘ですが、父親に隠れてコルビンダンとして活動をしています。
ジンの母は、先の戦争のときに民を救おうとして亡くなったという過去があり、ホン・グクはどうやらそのこともあって民を恨んでいる部分もあるようで。。。

朝鮮時調大会。

結末は勧善懲悪。
日本人ジョノに残された人間性のおかげで、ホン・グクの罪状を一つ残らず明らかにする証拠を手に得たシプチュはホン・グクをその座から引きずり下ろすのに成功します。
大会で優勝したスエグチーム(=コルビンダン)は、皆が自由に詩調を詠ずることができる世の中になったらよい、という願いを伝え、国王もそれに同意するのでした。(ハッピーエンド)



■感想

正直、ストーリー性は薄いのよーー。単純だし。

設定も変!
「時調(シジョ)が国家理念」・・・という時点で、ぶっとんでいるのですが・・・^^

「時調大判書」? 
15年も禁止しておきながら、この役職だけ15年間も生きているって、変の極みじゃない?(苦笑^^;)

なので、重厚かつドラマティックな作品が好きな方には、かなり物足りないかもしれません^^;
でも、この作品の持つメッセージ性は良いと思うし、何よりとーーっても楽しいのです。

おーえーお♪
(私の脳内音楽はすべてスウェグエイジのナンバーで置き換えられました^^;)

国楽の楽器で演奏されているので、非常に韓国風でもあります。広い世代で楽しめます。
(シニア割引がある理由はそれか?^^)

これはリピしたい!
大学路の他のロングラン作品同様、いつでも見れる作品になったら良いなーーー❤


■俳優さん別

●ジュン(ダン役)

0000104598_001_20190628170830751.png

パク・ソジュンに少しパク・ヒョシンを加えたようなオルグルで、歌やパフォーマンスも悪くなく、カッコいいです!
(少しユースケサンタマリア風でもあった^^;)

0000095361_001_20190629081246830.jpg

久しぶりに正統派イケメンを観たなーーという感じ^^
(すまん、諸々の方々よ・・・いや、誰とは言わないけどさ。爆^^;)

0000095364_006_20190629081642883.jpg


●キム・スハ(ジン役)

歌声最高~~。ミンチョルさんを軽く圧倒するレベルでした。
スハちゃん、これから人気出るね!

0000095363_003_20190629081641172.jpg


●チェ・ミンチョル(ホン・グク)

悪役なのに全く憎らしくないんですよ~~。
カテコでは、主役を差し置いて一番拍手が多かったです。
ミンチョルさん、人気者ですね!

0000104615_001_20190628182035492.png

ジョノ(日本人)とのやり取りでは日本語も飛び出すんですが、ミンチョルさんの「ちょっとまって!」が爆。


●イ・ギョンス(シプチュ&ジャモン)

この手のリーダー役は本当にお似合い!

0000030920_001_20190628232042507.jpg


関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

yumiko.w  

ニアミス…

私は前日の17日にスワッグエイジ観劇してました〜
本当に難しくて理解しきれませんでしたが、メッセージ性は伝わってきましたし、伝統と現代の音楽がうまく融合していてほんとに楽しかったですね!

2019/07/28 (Sun) 19:38 | REPLY |   
hyangdae

hyangdae  

Re: ニアミス…

yumiko.wさん^^

あ。惜しい・・・(1日違い。笑^^;)

イ・フィジョンくんの出演回でご覧になってるのですよね!^^
私は、スハちゃん目当てで観に行った・・・といいますか、作品自体にはあまり期待をしないで観に行ったんですけど、想定以上に楽しくてハマりました。
今では過去のショーケースやらプレスコールやら、いろんな映像を見まくってます。

気に入ったので、他のキャストでも観たいです~~~。
ダン役は、フィジョンくんが歌・演技・パフォーマンス、全てにおいてバランスが一番いいような気がします。
私は、今期はもう観に行けないんですが、yumiko.wさんはまた観に行かれますよね。楽しんで来て下さい。アンド、ブログ楽しみにしてまーーす。

おーえーお♪^^


2019/07/28 (Sun) 20:43 | REPLY |   

yumiko.w  

No title

そうです〜フィジョンくんが好きで^^
ショーケースの映像見て歌とダンスがいいなぁと思って観ましたが、意外に(?)ストーリーがちゃんとあってうっかり泣いてしまいました〜

はい!またおーえーおー♪しに行きます!
なぜバレているのか…笑
ブログはまたかなり先になりそうですが、うまく魅力を伝えられるようがんばります!!

2019/07/29 (Mon) 08:22 | REPLY |   
hyangdae

hyangdae  

Re: No title

yumiko.wさん^^

ストーリーが、サッパリとしていて無駄がないですよね。
そこが良いのかな、と思ってます。

私は舞台観終わってからプレスコやショーケースの映像を探して見まくったのですが、ショーケースは去年実施してたらしく、ストーリーにも大分手を入れて軽くした、と韓国ファンから聞きました。それが成功したのかな?^^

この作品にも、シングアローンデイがあるらしいじゃないですか~~。
もしかして、yumiko.wさん、その日に観に行って、一緒に歌っちゃう予定ですか?(笑^^)
だとしたら、2倍羨ましいですわーー。

おえお!してきてください^^


2019/07/29 (Mon) 21:25 | REPLY |   

Leave a comment