FC2ブログ

「アナカン」予習その4 プレスコ動画を元に各シーンを見ていくよ②

アナカン、プレスコ映像で予習するシリーズの第2弾です^^

参考映像はこちら → アナカンプレスコハイライト2

D3XVzHIUUAAMJbc.jpg

キャラ全般的に、セリフ速いです!
他の作品の1.2倍速くらいの速さに感じる~~。

ただ、みなさん滑舌はかなりよろしいので、聞き取りはしやすいように思います。ベテラン勢は言うまでもなく、新人くんたちも皆オーディションを勝ち抜いてきているだけに、聴きやすい方だと思う。

速さが問題・・・(韓国語勉強中の外国人には!^^;)

対策は、映画版でストーリーの大筋を押さえておくか、複数回観劇するか、でしょうかねーー^^

 
[0:00]
ファウラーが、査閲式に必要な制服、装備等について、ガイにガミガミ言っているシーン。
ガイ(パク・ウンソク)、ファウラー(イ・ジュビン)、メンジス(イ・テビン)、

バッジ、肩章はどうした!と詰め寄るファウラー。
ガイはどこ吹く風であーーる。「戦争で使うものは、図書館には搬入禁止でーーす^^」とおちゃらけていますね^^;
ファウラーは、査閲式が始まるのに身だしなみを整えていないガイに対して、ガスコイン寄宿舎全体が迷惑をこうむるのでイライラしている様です。



[0:36]
ガイの依頼に対して、全面的に拒否っているトミー。
ガイ(イ・ドンハ)、トミー(イ・チュンジュ)

恐らく・・・寄宿舎のために立候補することをトミーに提案している場面であると思うのですが、トミーは自分の信条に反するからとそれを拒否します。階級社会に入ることを意味しますから、共産主義が単なるポーズであったと受け取られてしまう、と嫌がっているのですね。
ガイは、「人から何と思われようと関心なかったじゃないか」とか「みんなの犠牲になってくれたと感謝されるよ」等々、トミーに言いますが、トミーは、人からどう思われようと我関せずは認めたけど、感謝されるのくだりは否定しました。その時に引き合いに出してきたのが「人々のために汗水流して活動したスターリン」。。。
(スターリンは、独裁者的なイメージが強いですが、トミーは別の側面から見て評価しているようです。)

このシーンの最初のところですが、この動画ではカットされていますが、ガイはトミーに「頭が固い」とか「つまんない奴」とか、言っちゃったのかな。トミーは「自分が面白くない奴だってことは分かってる。だが、尊敬される面白くない奴でいたい」と言っています。このセリフ、チュンジュさんに非常に似合っているように感じます~~♪



[1:33]
夜のデートシーン。
ガイ(パク・ウンソク)、ハーコート(イ・ゴニ)



[2:10]
ガイ(パク・ウンソク)、バークレー(イ・ジヒョン)、デラヘイ(キム・ウィダム)、メンジス(イ・テビン)、ファウラー(イ・ジュビン)、サンダースン(ファン・スンジョン)

恐らく査閲式関連でガイが非難されているのではないか、と思われるシーン。

ガイは、軍と関連した問題なのに、何故軍ではなく寄宿舎内で自分が処罰を受けなければならないのか、納得がいかない様子です。どうせなら、軍の裁判を受けると主張。ファウラーは、お前が壊したものは軍ではなくガスコイン寄宿舎だ、と主張します。(バチバチ

処罰とは、どうやら鞭打ち。。。

デラヘイは鞭打ち6発を主張。メンジスに任せた・・・と思いきや、メンジスはファウラーに任せました。
(自分は手を汚さないんだ・・・)

ガイは22に控訴すると言います。それは自分の権利である、と。。。
バークレイは、22メンバー以外は部屋を出るように言いました。



[3:40]
ガイ(パク・ウンソク)、ウォートゥン(チェ・ジン)

ハーコートへのお使いを頼むガイ。
なぜハーコートに関心があるのか・・・それはお子ちゃまには話せませんよねーー(笑^^;)



[4:47]
図書室。
​ガイ(パク・ウンソク)、トミー(イ・チュンジュ)

ガイがトミーに、自分はゲイであることを打ち明けているシーン。
自分は女性を愛せない。ハーコートに出会って確信した、と。。。自分でもうすうす気づいてはいたが、今まで他人に悟られないよう、ずっと隠してきた、と告白します。
ここでガイは、それは「ほうれん草が好きか嫌いか」と同じような問題だ、と言うのですが、トミーからは「お前がほうれん草が好きか嫌いか、俺は知らん」とバッサリ。

ほうれん草のたとえに失敗(^^;)したガイは、トミーの世界に例えて言い返します。
「お前がカール・マルクスを読んでいるから共産主義者だということか? 違うだろ。お前が共産主義者だからカール・マルクスを読むようになったんだ。」
「これは本能ではない。俺が選択したのだ!」
「選択だと言えるから良かったよな。お前、それでも友達か?」



以上^^

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment