FC2ブログ

「笑う男」を観てきました①(パク・ヒョシン、チョン・ソンファ、ミン・ギョンア、シン・ヨンスク)

18005170_p.gif

●7月17日(火)

IMG_20180717_221337.jpg
グウィンプレン:パク・ヒョシン
ウルスス:チョン・ソンファ
デア:ミン・ギョンア
ジョシアナ:シン・ヨンスク
デイビッド卿:カン・テウル
ペドロ:イ・サンジュン
アン女王:キム・ナユン

                         

まずは、ヒョシンくんの回で観てきました!^^

ちょっと辛口な感想になってしまいますが・・・。

フランス映画をリメイクしたハリウッド映画、というような印象でした。。。

悪いというのではないです。
期待とは少しベクトルの異なる作品であった、という感じです。
でも、面白いは面白かったです。曲が良いですし、舞台美術と照明は素晴らしかったので、目と耳は楽しめましたから^^;

ただ・・・メッセージ性は薄い。。。

開幕前に、「富める者たちの楽園は、貧しい者たちの犠牲によってつくられている」というメッセージが舞台に表示されているのですが、ストーリー的には「貧しい者たちの犠牲」や「富める者たちへの批判」は少なめです。
もしこれが2年くらい前に上演されていたら、(韓国の)政権への批判も込めてかなりメッセージ性の濃い作品になっていたのかもしれません。

今回は、結局「グウィンプレンはデアを選択しました。。。」に留まってしまっていたのが、残念ではありました。


以下。
キャストに対するコメント。ネタバレはほぼありません(今回は控えます)^^


この日は全体をざっくり確認したかったので、まずは4階席で観ました。
オペラ劇場の4階は音の共鳴が大きく、セリフがはっきり聞き取れないところが多いですね。
特に、コンプラチコスやワッペンテイクに関する解説の部分、チョン・ソンファさんの声(?)でナレーションが入っていたのですが、拡声器で喋ってますか?というくらいワンワン響いてしまって、ほとんど聞き取れませんでした。
(ま、いいですけど。。。)

カン・テウルさん(とジョフィさん)が演じる「ディビッド卿」が、原作小説にも映画版にもいなかったミュージカル版のオリジナルキャラだと思います。
(原作小説はかなり飛ばし読みしたので、もしかしたら登場してるかも・・・。)

アジア人にはイギリスの歴史にはなじみが薄いだろうという配慮(?)で、国家の権力争いを一貴族の相続争いにレベルダウンさせてしまった点が残念ではあります。
またコンプラチコスの描かれ方も、「いい加減」です。
(なんでそこで捕まる? てか、何でそこにいた?)

ですが、演劇ではなくミュージカルなので。。。

このくらいで纏めておいて正解なのかもしれません。私はダークな作品が好きですが、それでは一般受けはしないかも知れませんもんねーー^^


●パク・ヒョシン(グウィンプレン)

超歌ウマ。。。。
トリプルキャストの他の二人が気の毒に思えるほどのパワフルな歌声でした。
演技も上手くなってたように思います。
特に、体の動きが良い。振付の方の指導があるからと思われる部分もありますが、それでもファントムの頃と比べて表現力アップしたなーーと感じました。


●チョン・ソンファ(ウルスス)

これ以上にないほどの適役。
ただ、グウィンプレンと言い争うシーンでは、もしかして主役のヒョシンくんに遠慮して歌ってるのか?と思うくらい、少々負けていました。
(それくらいヒョシンくんが凄い、ということなのでしょうが。。。)
でも、ソコを差っ引いても適役でした。


●ミン・ギョンア(デア)

ヒロインとして適役。
ただ・・・ジョシアナに持っていかれた感じは否めない。。。OTL
(私は4階から観ていましたので、そのせいでもあるかもしれません。。。)


●シン・ヨンスク(ジョシアナ)

映画版ジョシアナと比べて「魂の怪物度」はあまりないです。
「本当は弱い女なのよーー」なジョシアナでした。
そこをどう見るか・・・はあると思いますが、私は逆に「シン・ヨンスクさんの逆襲」と見ました。ミートゥ運動で明らかになってことでもありますが、シン・ヨンスクさんって今まで虐げられていた感があるじゃないですか。実際、「お前なんかにヒロインはやらせない」的な発言もかなり言われてきたそうですし。
実力と人気を兼ね備えた今、あえて、ヒロインを狙って来たな、と思いました!
実際、デアより拍手多かったですし、この作品の「ヒロイン」として、観客の印象に残ったと思います!^^


●カン・テウル(ディビット卿)

劣化したドンジュアン。。。。(笑)
いやいや。良かったんですけど、ドン・ジュアンにしか見えなかった~~~(爆)。ミアン。



IMG_20180717_221403.jpg
▲芸術の殿堂の垂れ幕

IMG_20180717_221415.jpg
▲フォトコーナー・・・はお嬢さんたちで一杯でしたので、サイドの装飾だけを撮影してみました^^

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

miiii  


なるほどなるほどです。レポをありがとうございます。

笑う男は 私も同じように思いました。

笑う男は マタハリよりは 良い作品だと思います。
でもマタハリと同じく、主役以外のプリンシパルに大物を持ってきて
創作をして アテガキっぽくなって 肩入れしすぎると全体のバランスが悪く
なっていまうような気がします。リュウジョンハンラドウ大佐を肩入れしすぎたりで マタとアルマンをそれぞれ 描く時間が少なくなってしまったことと同じことが 笑う男にも。

グウィンプレンとデアの幼少時代の苛められたりの悲しい時間でお互いを
頼りに大切な2人であることや今の二人が純粋に愛する気持ちがほぼ描かれてないのに、ウルススやジョシアナの歌が多すぎる。

それと 主役が死ぬシーンをしっかり描くと観客は泣けるのかなぁと思いますから 最後もファンタジーに描きすぎて よくわからない感じだし。
全体的に周りも泣いている人がほぼいないかもです。

パクショシン君のファンですが、彼はもっと才能も力もあります
ファントムのレッスンシーンであんなにセクシーだったので。

ジョシアナに迫られて ドギマギする子供でなく
ジョシアナに迫られたところで セクシーに気のありそうなそぶりを
しつつも 最後は相手にしない感じの大人の男が良かったなと思います。
それでも デアだけには 純愛を見せる大人の男。

これから ブルースクエアへ行ったら 笑う男も 演出に手をいれてくれると
いいなぁと思います。




2018/07/31 (Tue) 02:27 | REPLY |   
hyangdae

hyangdae  

Re: タイトルなし

miiii さん^^

なんといっても「初演」なので・・・^^;

マタハリは、初演→再演でぐぐっと良くなったと伺っています。
笑う男も今後良くなっていくといいなーーと思います。

ブルスクに移転するとき、少しは直すのでしょうかね~~?

> それと 主役が死ぬシーンをしっかり描くと観客は泣けるのかなぁと思いますから 最後もファンタジーに描きすぎて よくわからない感じだし。

おっしゃるとおりでした^^;
実は映画版のラストもこんな感じ(ファンタジー)で、結局どーなっちゃったんだ?と思ったのでした。
ここ、ミュー版、踏襲しちゃったんですねーー(-_-;)(-_-;)(-_-;)


2018/07/31 (Tue) 21:19 | REPLY |   

Leave a comment