FC2ブログ

「アマデウス」を観てきました(2)(ハン・チサン、チョ・ジョンソク)

18000702_p.gif

●4月21日(土) ソワレ

CIMG4186.jpg
サリエリ:ハン・チサン
モーツァルト:チョ・ジョンソク
コンスタンチェ:イ・エル
ヨーゼフ皇帝:チョ・ジョンユン
カテリーナ・カヴァリレッリ:ソン・ウィワン
小さな風たち:キム・テハン、キム・ギョンワン、イ・サンフン、ユク・ヒョヌク、オ・ソグォン、パク・ソリ、キム・ハナ、イ・ハンミル

                         

チサンくんのサリエリも観てきました!
(これが今回のメインでしたのでね!^^)

0003284423_001_20180430110505771.jpg

チサンくんのセリフは非常に聞き取りやすかったです。
昔、どなたかがおっしゃっていたのですが、「チサンくんが韓国語学習教材音声を吹き込んだら絶対に買う!」
ファンだから、という理由ではなく、チサンくんはパッチムなどの音もキレイなので聞き取りの良い教材になる、とおっしゃってました。

実際、セリフに緩急があって、没入には適しているけれども外国人の耳にはちょっと聞き取りの難しさを感じる部分があったチ・ヒョンジュンさんに比べ、話すスピードやリズム、声の強弱がある程度一定的なチサンくんの語りは、かなり耳に馴染みました。

なので、私もこの意見に激しく同感です^^


チサンくんの滑舌の良さはさておき、作品の感想を書きますね^^
ストーリー的な部分は前回結構書きましたので、今回は大分省略しております。
「続きを読む」からどうぞ!^^

201803075642358.jpg

チサンくんのサリエリは、ご本人も「平凡さ」にこだわったというようなことを言われていましたが、徹底して「平凡」を追求していたように思います。それも、「身近な平凡」を具現化していたように感じました。
チ・ヒョンジュンさんが「霞が関のキャリア官僚」とするならば、チサンくんのそれは「村役場の中間管理職」?^^
きらびやかな衣装にもかかわらず、哀愁漂ってましたわ~~。(ひゅう~~~~。)

全般的に、観客の笑いはチ・ヒョンジュンさんの方が多かったです。
でもこれは、前回も書きましたが、マニア比率の差だと思われます^^

笑いをとっていた部分、チ・ヒョンジュンさんとは微妙に違いますね。「食い意地」のところも、チサンくんはその後の「あ~~ペゴッパーー」で笑いをとってましたし。

そういえば、ベゴッパーのあたりの「んんんーーっ」という感嘆の声、怪物っぽかったです^^

03_16151561_1.jpg
26_20180407210356b74.jpg

サリエリが皇帝のために作曲した行進曲ですが。。。
この日の皇帝陛下、ピアノ、へったくそ・・・。ノロいうえに、リズムがったがた。まるで習いたての小学生並なんであーーる!
「あっはっは・・・開始から大変驚異的でございます。この曲は行進曲ですのに。。。」というチサンサリの嫌みが、さりげなく可笑しかったです^^

モーツァルトが登場して、二人が初めて出会ったシーン。
本当にイタリア語で挨拶するチョ・ジョンソクくんとチサンくんの2人^^(皇帝陛下が「正式に」紹介しよう!というものだから・・・?)
私にはイタリア語だ、ということしかわからんかったですが、2人は途中まで頑張って会話して、サリの「楽に話していいですよ」で、「パンガッスムニガーー」となる・・・ここも可笑しかったです^^

サリがモーツアルトとコンスタンツェとの結婚を後押ししたのは、そのあとでコンスタンツェを奪うためだったようで。。。
モーツァルトが自分からカタリーナを奪ったように!目には目を!
あーー。男の嫉妬はやだねーー。

チサンサリ、ビリヤード台の下て、狂ったように作曲中だったんですってよ。
曲のタイトルはその名もズバリ「♪ビリーヤード台の上ではダメよ」(ぷぷぷー)。

AMADEUS한지상이엘1

夫への仕事を頼むコンスタンツエに対し、「明日、一人で来なさい」というサリ。
「私は結婚している女です。」
「私も結婚しています。」
しれっとのたまうチサンくん。ほーー。
ま、チサンくんじゃなく、サリエリなんだけどね。ほーー。

で、翌日、コンスタンツェが楽譜原本を持ってやってきました。
おもてなしのデザートは「ヴィーナスのチョッコッチ」。
チョコじゃないよ~。上に乗っているのは原料チョコだと思いますけど、チョッコッチ。「ヴィーナスの乳房(チョッコッチ、젖꼭지)」。

おっさんが、女性のお客さんにそーゆーの出すかね・・・?(-_-;)(-_-;)(-_-;)

サリは割と堅物で・・・といいますかバカ真面目で教科書的な優等生。
あんまり女性慣れは、していないようで。。。
(人生の楽しみと言っては音楽の他は「食い意地」「グルメ」オンリー。)
(しかもチサンくんのサリには「野暮な」感じさえある。。。さすがに洗練されてない、とは言わないけど!^^;)

最初はダンディに誘惑しようと思っていたのだろうが、自ら「ダメだー」と悟ったらしく、哀願スタイルに急きょ変更。。。
でも、「さっすが、イタリア人は演技が上手いわーーー」とコンスタンツェにけむに巻かれてしまうで。。。トホホ。

ここも、チヒョンジュンさんだと、「哀願スタイルは女性の気を引く手のうちの一つ」と見てとれたが、チサンくんだと「ただの必死なおっさん」であった。。。

失礼。チサンくんファンですが、酷いこと書いてるなーーと我ながら思う。。。^^
ちなみに、チサンくんをおっさん呼ばわりしているのではありません。チサンくんが演じたサリエリをおっさん呼ばわりしただけでございます^^

201803151431166315631.jpg

魔笛のところでのセリフだったと思いますが、かつてサリエリが作曲した歓迎行進曲ーーモーツァルトに速攻修正されてしまった行進曲ーーが、入ってます?
セリフでそう言ってたんですよね。「これでモーツァルトの手によって私の曲が永遠に生きる」~~って!
あの行進曲、皇帝陛下の演奏がヘタすぎて、リズムが把握できなかったのですが(と、人のせいにする^^;)。
う~~~平凡以下の私の音楽的な才能。。。メロディの一致が分かれば感動もひとしおであったろうに。。。OTL

サリのとげぬきジェスチャーは、チサンくん独自なんですね^^。

チョ・ジョンソクくん、大演説のシーンでは、今日はサリがチサンくんでしたので、チサンくんのモノマネでした!^^
「ドイツ人モーツァルト。どうして彼に音楽が分かるだろうか。。。トゲ抜きまーーす^^」 ← モノマネの部分
似てたよ~~~♪(爆)




イ・エルさんのコンスタンツエ。

03_16151467_1.jpg
1520402925_1330886.jpg
2018031207313284_20180312112536690.jpg

適度で、良かったです^^;



今回の皇帝陛下。

5_20180407210154d7d.jpg
ヨギーーッカジ!



その他の舞台写真たち。

03_16151581_1.jpg
03_16151595_1.jpg
187084_220840_938.jpg
30000595729_700.jpg
201803071511103477_1.jpg
201803071609191810_1.jpg
2018030758003459_20180307180041396.jpg



グッズについて

アマデウスグッズのポーチ。
チサン会の会員にしようーーと言いながら、チサンくんファンたち皆で買いました(爆^^)
私はブラウンの地味目のやつにしたのですが、ネイビーの方が若々しくてお薦めではありました。
当初販売されていた赤のは無く、リネン素材の2種のみ。リネン素材は珍しいですよね。
エコバックは家に死ぬほどある(笑)のでポーチにしたのですが、年末にヘジン先生のポーチを買ったのをすっかり忘れていました。なんだかんだ、ポーチも増えて来てる。ピンバッチも増殖中~~^^



P.S.

「魔笛」と「ドン・ジョバンニ」は全曲しっかり聴かなくっちゃ~~!
お薦めCDありましたら教えてください。
そういえば、ウリミがドン・ジョバンニのまさにこのパートを城南で歌ってました!^^
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment