「ベンハー」♪골고다/ゴルゴダ(映像と歌詞)

ミュージカル<ベンハー>より ♪골고다/ゴルゴダ の歌詞を見て行きます。

[뮤지컬 벤허 쇼케이스] 골고다 - 박은태



ジーザスが十字架を背負ってゴルゴダの丘を上っていくシーンのバン・ハーの歌だと思います。
このシーンは、映画版ではなく、原作小説に近い内容となるみたいですね。

ベン・ハーはエルサレムに戻った後、「ローマに対抗するべく勢力を集める」のですが、映画版ではこの内容はほぼカットされています。ミュージカルは歌詞に「あなたの軍隊がある」とありますので、ここは原作小説通り、ひそかに兵士を集めてローマに対抗すべく準備するシーンがあるということだと思われます。

さて。。。
ということは、ベン・ハーは誰かから「ユダヤの王」の話を聞いて、その方こそ自分たちの運命を託すべきお方に違いない!と考える、ってことですよね? では、バルタザールは登場するのでしょうか?^^


♪골고다
ゴルゴダ



단 한마디만 제발 내게 대답해줘요
ただ一言だけ どうか私に答えてください

이 꼴이 당신이 바라던 모습인가요
このみじめな姿が あなたが望んだ姿なのですか

왕이 될 수 있는 기회를 마다하고서
王になれる機会を拒んで

죄인의 길을 걷는 이걸 원한건가요
罪人の道を歩くことを願ったのですか

십자가를 지고서 조롱을 받으며
十字架を背負って 嘲弄されて

어떻게 이 세상을 구할 수가 있나
どうやってこの世界を救えるのか

어떻게
どうやって



여기 당신의 군대가 있어
ここに あなたの軍隊があります

말해요 당신이 왕이라고
言ってください あなたが王であると

나의 군대여 칼을 들어라
私の軍隊よ 刀をとれ

내가 민족을 구할 것이다
私が民族を救うであろう

유대의 왕이 명령하노니
ユダヤの王が命令するのだから

예루살렘아 칼을 들어라
エルサレムよ 刀をとれ

제발 한마디 말이면 충분해
どうか 一言で十分です

당신을 구하고 우리를 구원해요
あなたを救い 私たちを救うのです



내 가슴에 불타는 이 분노가
私の胸に燃えるこの怒りが

내 눈가에 흐르는 이 눈물이
私の目元に流れるこの涙が

아무런 이유가 없던 건 아닐거야
何の理由もなかったのではないはずだ

당신이 말해봐요 난 대체 왜
あなたが言ってください 私は一体なぜ

이런 운명을 타고났나
このような運命を生まれ持ったのか

이것이 신께서 바라던 삶이었나
これが神が望んだ生だったのか

난 저들을 죽도록 죽이고 싶은데
私は彼らをものすごく殺したいのに

왜!
なぜ!



저 분께선 내가 목 마를 때 물을 주신 분
あの方は私が喉が乾いた時 水をくれた方

그분께선 내게 이렇게 말씀하셨네
あの方は私にこのようにおっしゃった

'저들을 용서하라
「彼らを赦しなさい

저들은 자신들이 무슨 짓 하는지 전혀 모르고 있어
彼らは自分たちが何をしているのか 全く分かっていないのだ

그런 저들을 용서하라'
そんな彼らを赦しなさい」

그럼 난 대체 뭐 때문에 여기에 있나
それでは私は一体どうしてここにいるのか

내 가슴에 사무친 칼은 뭐였던가!
私の胸に沁みた刀は何だったのか!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション
いつも見に来てくださってありがとうございます。

この秋冬も気になる作品目白押しです~~。とりあえず私は、先日観た作品の感想を早く書かなければ・・・^^;
そして、日本版ロッキーホラーショーも期待期待!

この冬の期待作
砂時計
私とナターシャと白い驢馬
嫌われ松子の一生♪♪♪
プロフィール

hyangdae

Author:hyangdae
気になったアーティスト中心のブログ・・・ということでスタートしました。が、最近は韓国ミュージカルの記事が多いです。
というか、韓ミュー関連ばっかです^^

好きな韓ミュー俳優さんは、キム・ダヒョン、ハン・チサン、この二人が私の中でのツートップ。この二人に続く三位争奪戦がなかなか激しい状態です(笑)。

好きなアーティストは、チェ・ドンハ、パク・ヒョシン^^

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
記事のカテゴリ(工事中^^;)
現在サブカテゴリ化を進めていますが、まだ途中なのでお見苦しいかと思います。なるべく速やかに作業を進めていく予定ですので、しばしお待ちを・・・^^
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
お友達リンク
hyangdaeの関連サイト
韓国ミュージカル関連サイトリンク
ブログ内検索
RSSフィード
お断り
このblogは利益目的のものではありません。blogで使用している映像・画像等の著作権は、放映権がある放送局、およびアーティスト本人、出処の各サイトにあります。個人の趣味の範囲内で利用しているものとご理解くださいませ。 なお、写真に当ブログのアドレスを載せているものもございますが、著作権の所在を明示しているのではなく、単に問い合わせ先を記載しているに過ぎませんのでご理解願います。 また、こちらでアップした情報の"そのまま転載"もご遠慮ください。どうしても使用されたい場合がございましたら、管理人までその旨ご連絡くださいませ。