「ベンハー」♪카타콤의 빛/カタコンブの明かり(映像と歌詞)

ミュージカル<ベンハー>より ♪카타콤의 빛/カタコンブの明かり の歌詞を見て行きます。
映像はショーケースのものを2種類貼っておきますね。


'벤허' 월요쇼케이스 '카타콤의 빛' - 박은태, 안시하 외


뮤지컬 벤허 쇼케이스 '카타콤의 빛' (박은태,안시하)



それほど難しくない歌詞ですので、観に行かれた際は一緒に歌えるかもしれませんねー(もちろん心の中で、ですよ^^;)。
サビの部分だけでも覚えて行かれてみてください♪

歌詞中一か所、ちょっと難しい部分があるかも、です。
눈 녹듯(ヌンノットゥ)と言っている部分です。韓国語中級以上の方は気がつかれたかもしれません。
これは 눈이 녹듯이(雪が解けるが如く) の省略形です。
듯이の用法としてよく紹介されているのは
 비 오듯이 雨が降る如く
 밥 먹듯이 ご飯を食べるが如く
でしょうか?^^
 例)눈물이 비 오듯이 흘렀어요.涙が雨が降るごとく流れました
   밥 먹듯이 거짓말을 한다.ご飯を食べるが如く(=平気で)うそをつく
今回のは省略した形で言っているので、ちょっと分かりにくいですよね^^;
ご参考までに~~。

♪카타콤의 빛
カタコンブの明かり


[ベンハー]
마음 밝히는 촛불 침묵의 기도
心を照らすろうそく 沈黙の祈祷

분노로 세상을 살며 그저 싸워야 했던
怒りを糧に世界を生きながら ただ戦わなければならず

꿈도 꾸지 못했던 지친 영혼을 위로 하네
夢もみられなかったくたびれた魂を慰める

[エスダ]
영원히 반복될 것만 같았던 나의 고통들
永遠に繰り返されるように思えた私の苦痛

밤마다 흘렸던 눈물
毎晩流した涙

혼자 외로워했던 지난 아픈 기억들
一人でさびしがった過去の辛い記憶

모두 꿈처럼 사라져
すべて夢のように消える



[2]
빛도 공기도 없지만
光も空気もないけれども

평화와 안식이 있어
平和と安息がある

카타콤 촛불이 우릴 감싸주네
カタコンブ ろうそくが私たちを包んでくれる

[エスダ]
세상 아래에 있지만
世界の底にいるけれども

[ベンハー]
세상이 주지 못하는
世界がくれることのできない

[2]
자유가 우리 곁에 있네
自由が 私たちのそばにある



[エスダ]
죽은 자들의 묘지 안에서
死者たちの墓地の中で

새로운 희망을 꿈꾸었네
新しい希望を夢見た

[ベンハー]
기도조차 할 수 없었던 나의 상처들이
祈祷さえできなかった私の傷が

[エスダ]
외로움이
寂しさが

[2]
눈 녹듯 녹아내리네
雪が解けるが如く 溶け落ちる



[2]
빛도 공기도 없지만
光も空気もないけれども

평화와 안식이 있어
平和と安息がある

카타콤 촛불이 우릴 감싸네
カタコンブ ろうそくが私たちを覆う

세상 아래에 있지만
世界の底にいるけれども

세상이 주지 못하는
世界がくれることのできない

자유가 우리와 함께
自由が私たちとともに


지친 영혼 위로해
くたびれた魂を慰める

촛불이 밝히는 카타콤
ろうそくが照らすカタコンブ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション
いつも見に来てくださってありがとうございます。

この秋冬も気になる作品目白押しです~~。とりあえず私は、先日観た作品の感想を早く書かなければ・・・^^;
そして、日本版ロッキーホラーショーも期待期待!

この冬の期待作
砂時計
私とナターシャと白い驢馬
嫌われ松子の一生♪♪♪
プロフィール

hyangdae

Author:hyangdae
気になったアーティスト中心のブログ・・・ということでスタートしました。が、最近は韓国ミュージカルの記事が多いです。
というか、韓ミュー関連ばっかです^^

好きな韓ミュー俳優さんは、キム・ダヒョン、ハン・チサン、この二人が私の中でのツートップ。この二人に続く三位争奪戦がなかなか激しい状態です(笑)。

好きなアーティストは、チェ・ドンハ、パク・ヒョシン^^

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
記事のカテゴリ(工事中^^;)
現在サブカテゴリ化を進めていますが、まだ途中なのでお見苦しいかと思います。なるべく速やかに作業を進めていく予定ですので、しばしお待ちを・・・^^
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
お友達リンク
hyangdaeの関連サイト
韓国ミュージカル関連サイトリンク
ブログ内検索
RSSフィード
お断り
このblogは利益目的のものではありません。blogで使用している映像・画像等の著作権は、放映権がある放送局、およびアーティスト本人、出処の各サイトにあります。個人の趣味の範囲内で利用しているものとご理解くださいませ。 なお、写真に当ブログのアドレスを載せているものもございますが、著作権の所在を明示しているのではなく、単に問い合わせ先を記載しているに過ぎませんのでご理解願います。 また、こちらでアップした情報の"そのまま転載"もご遠慮ください。どうしても使用されたい場合がございましたら、管理人までその旨ご連絡くださいませ。